台湾への圧力強化、中国・習近平氏が主導 狙いは政治危機緩和

2019/09/20 14:56

国家安全保障当局者は20日、中国の習近平氏が台湾への圧力強化を指示し、来年1月に台湾で行われる総統選・立法委員(国会議員)選への介入計画を策定していると明らかにした。中国共産党の重要会議、第19期中央委員会第4回全体会議(4中全会)が来月開かれるのを前に、米中貿易戦争や香港問題に対する習氏の責任問題を巡るプレッシャーを緩和するのが狙いだという。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。