柯台北市長、福島県を訪問「食品問題は科学的精神で解決すべき」/台湾

2019/05/26 13:06

柯文哲台北市長は25日、東日本大震災で被災した福島県南相馬市を訪れた。復興状況を視察し、現地の和菓子も味わった柯市長。福島を含む日本5県産食品の輸入解禁に対する賛成の意思表示かと記者から問われると、食品問題には実際的な態度で臨む必要があるとし、科学的な精神で解決されるべきとの考えを示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。