パラオ大統領、中国の圧力に言及「友情は強要するものではない」/台湾

2018/11/14 13:26

中華民国(台湾)と外交関係を有する太平洋の島国パラオのトミー・レメンゲサウ大統領は13日、台北市内で記者会見を開いた。中国からの圧力について質問されると、友情は努力によって築かれるものであり、圧力や強要によって得られるものではないと述べ、中国に理解を求める姿勢を示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。