<台湾の総統選>民進党候補当選の場合「中国大陸は選択迫られる」=米専門家

2015/12/19 12:38

米国の対台湾窓口機関・米国在台湾協会(AIT)の元理事長でシンクタンク「ブルッキングス研究所」研究員のリチャード・ブッシュ氏は16日、来年1月に行われる総統選挙で最大野党・民進党候補の蔡英文主席が当選した場合には、中国大陸は関係維持のため(自ら掲げる)原則を無視するか、関係を悪化させることで好ましくない指導者を選んだ台湾に対価を支払わせるか、必ず選択を迫られると指摘した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。