アプリで読む
ダウンロード

侍ジャパンを苦しめた「火球男」、154キロを計測=台湾プロ・統一の紅白戦

2024/02/08 17:58
統一ライオンズの紅白戦で好投した古林睿煬(球団提供)
統一ライオンズの紅白戦で好投した古林睿煬(球団提供)

台湾プロ野球、統一ライオンズが7日、本拠地の南部・台南市で「統一橘(オレンジ)」と「統一白」による紅白戦を行った。統一橘の先発、古林睿煬が最速154キロをマークするなど2回を1安打無失点に抑えた。

台湾原住民(先住民)族タイヤル族出身の古林は2000年生まれの23歳。昨年11月のアジアプロ野球チャンピオンシップ日本戦では、初回から六回1死まで1人も走者を許さない好投を見せ、日本メディアから「火球男」と形容された。

統一白の先発、郭俊麟(元西武)は2回3安打1失点だった。試合は統一橘が6-2で勝利した。

(楊啓芳/編集:羅友辰)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.206