アプリで読む
ダウンロード

ダム湖「日月潭」の名物カエル像、6匹現れる 水位低下で

2023/01/31 16:32
日月潭国家風景区管理処提供
日月潭国家風景区管理処提供

中部・南投県のダム湖「日月潭」で30日、貯水率が90%を下回り、ここに設置されている9匹のカエルが重なった銅像「九蛙畳像」のうち、6匹が湖面に姿を見せている。

標高748メートルの地点にあり、面積8.2平方キロメートルに達する日月潭。風光明媚な景勝地として知られ、水位の変化によって湖面に現れるカエルの数も変わる。

経済部水利署中区水資源局の統計によれば、同ダムの貯水率は昨年12月1日時点では98.2%だったが、今月30日には89.5%に下がった。貯水率が84%まで下がると、一番に下にある9匹目のカエルが水面に顔を出すことになるという。

台湾中部では毎年10月から翌年1~2月にかけて雨が比較的少なく乾季を迎える。これに加え、同ダムはかんがい用水としても利用されているため、ダムを管理する台湾電力は節水を呼びかけている。

(蕭博陽/編集:荘麗玲)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.205