全長25メートルの滑り台が供用開始 台湾・基隆市長が来訪呼び掛け

2022/06/22 18:03

北部・基隆市暖暖運動公園で21日、子供らが遊べる遊具をそろえたエリアがリニューアルオープンした。市内では最長となる25メートルの滑り台が設置され、視察に訪れた林右昌(りんゆうしょう)市長が来訪を呼び掛けた。

林市長は、元々あった滑り台が青少年向けで、小さい子供でも遊べるようにしてほしいとの要望があったと説明。市とメーカーが調整を行い、多元的でさまざまなチャレンジができる遊具を提供したと語った。

リニューアル後のエリアはどの年齢の人でも遊べると強調。家族で楽しんでほしいとアピールした。

(王朝鈺/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。