アプリで読む
ダウンロード

台湾・台北市、新型コロナの自宅療養セット公開 食料品やゴミ袋など

2022/04/20 17:16

台北市政府は20日、新型コロナウイルスの国内感染者数増加を受け、無症状や軽症の患者などを対象とする自宅療養を開始した。

蔡炳坤(さいへいこん)副市長はこの日、18日から試験的に自宅療養を実施していた信義区の状況を視察。カップラーメンやビスケット、オートミールの他、マスクや体温計、ゴミ袋、検査キットなどが入った、患者に配布される自宅療養セットも公開された。

游竹萍信義区長によると、日頃服用している薬の受け取りについては、薬剤師の団体が調合した上で、近隣の薬局が届けるという。またゴミ捨てに関しては、10日間に2回代行を依頼することが可能と説明。電話で申請し、係員が回収する予定だが、実際の状況を見て調整する方針。

(写真:張新偉/陳昱婷/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.66