アプリで読む
ダウンロード

台湾鉄道の車内にヘビ 乗客が別の車両に一時避難

2022/04/18 18:53
18日午前、台湾鉄路管理局(台鉄)の特急自強号車内で発見されたヘビ(宜蘭県政府消防局提供)
18日午前、台湾鉄路管理局(台鉄)の特急自強号車内で発見されたヘビ(宜蘭県政府消防局提供)

18日午前、北部・新北市瑞芳区の瑞芳駅付近を走行中の台湾鉄路管理局(台鉄)の特急列車の車内で、全長約1.5メートルのヘビが見つかる出来事があった。乗客は一時、別の車両に避難し、ヘビは約1時間後に宜蘭駅(宜蘭市)で消防隊員に捕獲された。

台鉄宜蘭運務段(運転区)によれば、苗栗発花蓮行きの特急自強号272号の車掌から午前8時19分、「車内の天井にヘビがいる」との通報が12号車の乗客から入ったとの連絡があった。台鉄は即時に乗客を別の車両に避難させ、宜蘭駅職員が消防局に協力を要請した。列車は同9時半に宜蘭駅に停車し、駅で待機していた消防隊員が車内に乗り込んでヘビを捕獲した。この影響で列車は約8分間遅延した。

宜蘭県政府が確認したところ、ヘビはボアコンストリクターという種類で、毒は持っていないという。

台鉄は、ヘビが出現した原因については調査中だとしている。

▽ ヘビ捕獲時の様子(宜蘭県消防局提供)

(沈如峰/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.10