雲林産養殖からすみ 今年は産量減とコスト増で価格高め

2021/11/25 18:28

中部・雲林県産の養殖からすみが、今年は不漁とコスト増の影響を受け、値段が高めとなっている。24日から販売された今年のからすみは、昨年比で3割高い値段がつけられた。漁会の関係者は、近年は極端な気象現象やエサの値段の高騰などを受け、多くの業者がボラの養殖を取り止めて産量が減っているほか、新型コロナウイルスにより、輸入もののからすみも量が少ないと話す。これを受け、地元の警察では、からすみの窃盗を防止するため、加工場周辺のパトロールを強化したという。

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。