チェン・ボーリン、11年ぶりに台湾ドラマに主演 生意気な弁護士に扮する

2022/06/07 19:07
台湾ドラマ「正義的算法」の記者会見に出席するシュー・フーシャン監督(左端)、主演のチェン・ボーリン(左から3人目)、パフ・クオ(同4人目)ら=ディズニープラス提供
台湾ドラマ「正義的算法」の記者会見に出席するシュー・フーシャン監督(左端)、主演のチェン・ボーリン(左から3人目)、パフ・クオ(同4人目)ら=ディズニープラス提供

(台北中央社)俳優のチェン・ボーリン(陳柏霖)とパフ・クオ(郭雪芙)が主演する台湾ドラマ「正義的算法」(SMALL & MIGHTY)が15日から、台湾で配信開始される。ボーリンが台湾ドラマに主演するのは2011年の「イタズラな恋愛白書」(我可能不會愛你)以来11年ぶりとなる。今作では、利益至上主義の生意気な弁護士を演じる。

「正義的算法」は、弁護士を題材にしたコメディー。米ディズニーの動画配信サービス「ディズニープラス」初の台湾ドラマとして制作され、同サービスで配信される。

配信開始を前に、記者会見が6日、台北市内で開かれた。劇中でしょっちゅう言い合いを繰り広げるボーリンとパフだが、2人は会見で、撮影が終わってからも作品の中で直面した身近な社会問題について議論を交わし続けていたと明かした。

メガホンを取ったシュー・フーシャン(許富翔)監督は「温もりがない法律の前では、唯一の正解に見える選択が必ずしも被害者の苦境を救うとは限らない」と話し、同作を通じて「さまざまな役と物語の中から、新しい角度で『正義とは何か』について考えてほしい」と呼び掛けた。

同作は全26話。15日に6話が一挙配信され、以降は毎週水曜と木曜の夜8時(台湾時間)に2話ずつ更新される。

(葉冠吟/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。