台湾の周天成、桃田賢斗に9連敗 バドミントン

2021/11/20 20:06
バドミントン男子の周天成選手=資料写真
バドミントン男子の周天成選手=資料写真

(台北中央社)バドミントンのインドネシア・マスターズは20日、バリ島で準決勝が行われ、男子シングルスで台湾の周天成(31)が桃田賢斗に0―2で敗れ、決勝進出を逃した。

2人は今回を含め計15回対戦した。2勝どまりの周が桃田に勝つのは、2018年のドイツオープンが最後だ。この日の敗戦で9連敗となった。

周は1990年台北市に生まれた。最新の世界ランキングは台湾人選手で最高位の4位。五輪では2016年リオデジャネイロ大会と21年東京大会に出場、いずれも準々決勝で敗退した。

(龍柏安/編集:羅友辰)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。