台北市、台湾映画を応援 16館で割引キャンペーン実施

2021/10/15 11:14
台北市、台湾映画を応援 16館で割引キャンペーン実施=画像は台北市観光伝播局のフェイスブック「台北旅遊網」から
台北市、台湾映画を応援 16館で割引キャンペーン実施=画像は台北市観光伝播局のフェイスブック「台北旅遊網」から

(台北中央社)台北市政府観光伝播局は映画館と国産映画を応援しようと、市内の16の映画館で、台湾映画を対象に料金を割り引くキャンペーンを実施する。15日から開始する。キャンペーンによって、映画館での台湾映画鑑賞を促す。

割引が適用されるのは、各上映回先着20枚。窓口でのチケット購入時に1枚当たり100台湾元(約400円)割り引く。1人2枚まで購入可能。前売り券やインターネットでの予約購入分は適用外となる。

キャンペーンを実施する映画館は光点台北電影主題館、誠品電影院、信義威秀影城など16館。対象館は同局のフェイスブック「台北旅遊網」で確認できる。数量限定で予定枚数に達し次第終了する。

今月から来月にかけては、第58回ゴールデン・ホース・アワード(金馬奨)劇映画作品賞にノミネートされた「瀑布」や「金銭男孩」、「月老」のほか、第23回台北映画祭閉幕作「詭扯」など話題作の公開が予定されている。

(陳昱婷/編集:名切千絵)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。