アプリで読む
ダウンロード

台湾の選手、国旗掲げて入場=空手道剛柔会アジア太平洋大会

2019/10/03 19:13

第7回空手道剛柔会アジア太平洋選手権大会は9月26日から10月1日までの日程でフィリピン・セブで行われた。台湾は金6個、銀8個、銅17個のメダルを獲得し、日本、インドネシアに次いで総合3位に入った。開会式では、選手たちが中華民国の国旗である「青天白日満地紅旗」を掲げて入場した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.110