チンフォン、台中花博のPR大使に就任 テーマ曲制作/台湾

2018/07/19 18:17

休止中の人気バンド、ソーダグリーン(蘇打緑)のボーカルで、現在はソロで活動しているチンフォン(呉青峰)が、11月に開幕する「台中フローラ世界博覧会」(台中花博)のPR大使に就任することが分かった。花博のフェイスブックで19日、発表された。チンフォンはテーマ曲を書き下ろし、花博が掲げる「花が咲くときの音に耳を傾ける」の精神を音楽を通じて伝える。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。