元西武の郭俊麟、台湾プロ野球初勝利

2022/08/06 19:11
ウイニングボールを手に笑顔の郭俊麟=facebook.com/FubonGuardiansBaseballTeamから
ウイニングボールを手に笑顔の郭俊麟=facebook.com/FubonGuardiansBaseballTeamから

(台北中央社)富邦ガーディアンズの郭俊麟投手(30)が5日、北部・新北市の新荘球場で行われた中信ブラザーズ戦に先発登板し、5回無失点で台湾プロ野球初勝利を手にした。試合は富邦が3-1で勝った。

郭は四回に2三振を奪い、五回にはダイビングキャッチの好守を見せた。今年7試合目、チームに加わって以来9試合目にして初白星を挙げた。

2019年まで埼玉西武ライオンズで4年プレーし、5勝(11敗)を挙げた郭。20年から所属する富邦では、入団の約3カ月前に肘の手術を受けたこともあり、昨年までの2年間は2試合の登板にとどまる。

(謝静雯/編集:羅友辰)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。