台湾の張忠謀APEC特使、岸田首相と会談 台日間の協力深化に期待

2022/11/19 12:47:24
APEC首脳会議に出席した張忠謀氏
APEC首脳会議に出席した張忠謀氏

(台北中央社)アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に台湾の特使として参加している半導体受託生産大手、台湾積体電路製造(TSMC)の創業者、張忠謀(モリス・チャン)氏は18日、岸田文雄首相と会談した。日本が国際社会の場で台湾海峡の平和と安定の重要性を複数回にわたって言及していることに感謝の意を示した。

張氏は、岸田氏と世界情勢や台日経済などにおける協力の成果について意見交換した。台湾が加盟を目指す環太平洋経済連携協定(TPP)については、台湾には強い意欲と高いレベルのルールに見合った力があると強調。日本をはじめとする理念の近い国との連携を強化し、共に台湾海峡とインド太平洋地域の平和と安定、繁栄と発展を維持し、促進したいと語った。

岸田氏は引き続き経済協力と交流を進めることに意欲を示した。

また張氏はこの日、張淑芬夫人と共にシンガポールのリー・シェンロン首相とも面会。リー氏はフェイスブックに談笑している写真を投稿し、2018年にパプアニューギニアで行われたAPEC首脳会議以来の再会であることに触れ「またお会いできてうれしい」とコメントした。

(曽智怡/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
張忠謀氏夫妻と歓談するシンガポールのリー・シェンロン首相(中央)=facebook.com/leehsienloongから
張忠謀氏夫妻と歓談するシンガポールのリー・シェンロン首相(中央)=facebook.com/leehsienloongから
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。