東京で「日台スタートアップサミット」台湾30社超、日本の参加者と交流

2022/07/05 13:24
左からKKdayの創設者、陳明明氏、国家発展委員会の高仙桂副主任委員、クールジャパン機構の川﨑憲一代表取締役社長CEO
左からKKdayの創設者、陳明明氏、国家発展委員会の高仙桂副主任委員、クールジャパン機構の川﨑憲一代表取締役社長CEO

(東京中央社)東京都内で5日、「日本・台湾スタートアップサミット」が開幕した。台湾からは30社余りが参加し、日本側の参加者との交流を通じ提携の機会を探る。6日まで行われる。

同サミットは、経済政策の策定などを担う国家発展委員会(国発会)が立ち上げた「Startup Island TAIWAN」が主催。デジタル転換の促進に向けた台日間の協力の機会を模索し、グローバル市場に共に進出することを目指すとしている。スタートアップ関連の台日イベントとしては最大規模だという。

サミットに参加している「KKday」の創設者、陳明明氏は開幕前日の4日、国発会の高仙桂(こうせんけい)副主任委員(副大臣)らと東京都内で面会。サミットを通じ台湾のスタートアップ企業の日本進出が促進されることへの期待を示した。日本で台湾のスタートアップ企業への理解が進めば、提携の機会も増えると話した。

高氏は、台湾のスタートアップ企業は少しずつ成長していると言及した上で、「グローバル市場への進出は最後の一歩」だと語った。

(楊明珠/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。