経済部と米ベンチャー、対台湾投資で合意 AI研究拠点設置へ

2018/08/01 18:59

経済部と米AI(人工知能)ベンチャーの「グラフェン」(図策智能科技)は7月31日、ニューヨークで対台湾投資に関する基本合意書(LOI)を交わした。米国からの投資誘致のため同月29日から訪米している同部のキョウ明キン政務次長(副大臣)らが調印式に出席した。(キョウ=龍の下に共、キン=品の口を金に)


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。