アプリで読む
ダウンロード

台湾のコンビニ、アイス商戦に突入 セブンは「ガリガリ君」などで勝負

2015/04/01 13:26

台湾の大手コンビニ各社では夏の本格的な到来を前に、早くもアイス商戦が勃発している。セブン-イレブン(統一超商)は赤城乳業の「ガリガリ君」を始めとした日本の人気アイスで、ファミリーマート(全家便利商店)は台湾の食品会社、義美と共同開発したマンゴーなどのフルーツ味の商品で攻勢をかける。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.29