「松本清張と台湾ミステリー小説展」、台湾と日本で同時に開幕

2022/07/31 19:01
「松本清張と台湾ミステリー小説展」、台湾と日本で同時に開幕
「松本清張と台湾ミステリー小説展」、台湾と日本で同時に開幕

(東京中央社)松本清張が台湾のミステリー小説に与えた影響などを紹介する「遺された指紋―松本清張と台湾ミステリー小説」展が台湾と日本で同時開催されている。

台湾では日本のミステリー小説が広く読まれており、松本清張も台湾のミステリー作品の発展過程において重要な役割を担ったとされる。これに焦点を当てつつ、「華文推理小説の発信基地」となった台湾と日本のミステリー小説の交流史についてもひもといていく。

日本では、東京都内の台北駐日経済文化代表処台湾文化センター、北九州市立松本清張記念館、台湾では南部・台南市にある国立台湾文学館で、29日に開幕した。

台湾ミステリー小説の魅力について語る作家の京極夏彦氏
台湾ミステリー小説の魅力について語る作家の京極夏彦氏

同センターでは30日、同展に合わせ作家の京極夏彦氏を招き、講演会を開催した。京極氏は、台湾のミステリー小説が日本で出版されることが増えてきたと言及。同展については、台湾と日本で同じ展示が見られるのは非常に珍しく、内容もこれまでにないものだと話した。

(楊明珠/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。