アプリで読む
ダウンロード

大陸委、中国を批判「両岸の政治的枠組みを一方的に設定」 馬氏が習主席と会談/台湾

2024/04/11 13:03
訪問先の中国から帰国した馬英九前総統(手前中央)=4月11日、桃園国際空港
訪問先の中国から帰国した馬英九前総統(手前中央)=4月11日、桃園国際空港

(台北中央社)馬英九(ばえいきゅう)前総統が北京で中国の習近平国家主席と会談したのを受け、台湾で対中政策を担当する大陸委員会は10日、中国共産党は会談を通じて「一つの中国」を巡る「92年コンセンサス」や「台湾独立反対」などの主張を大々的に宣伝し、「両岸(台湾と中国)の終局の政治的枠組みを一方的に設定した」と批判した。その上で「台湾の主流の民意はとっくに固く拒否している」と強調した。

馬氏は習氏と北京の人民大会堂で会談した。2015年11月にシンガポールで行われた会談以来、約9年ぶり2度目の対面となった。

大陸委は両岸の平和と安定を維持する政府の政策や立場は一貫しているとし、北京当局に対し、中華民国と両岸が互いに隷属しないという客観的事実を正視し、台湾への圧力や威嚇をやめるよう呼びかけた。

また馬氏に対し、習氏との会談時に中華民国の主権や民主主義・自由体制を守ることへの台湾の人々の堅持を公に伝えなかったことは台湾社会の期待に背いているとし、「深い遺憾」を表明した。

(李雅雯/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.19