アプリで読む
ダウンロード

外交部「台湾と中華人民共和国は互いに隷属しない」 プーチン氏の発言に反発

2024/02/09 15:56

(台北中央社)ロシアのプーチン大統領は8日、中国の習近平国家主席と電話会談した。中国側の情報によればプーチン氏は「一つの中国」を支持する立場を示し「台湾問題で中国を挑発する行為に反対する」と主張したという。外交部(外務省)は9日、報道資料を通じて「中華民国台湾と中華人民共和国は互いに隷属しない」とし、台湾の主権をねじ曲げようとする中国やロシアなど全体主義国家のいかなる言説も、国際社会が公に認める両岸(台湾と中国)の現状を変えることはできないと反発した。

外交部は、中国とロシアが繰り返し台湾の主権をおとしめていることを厳しく非難。「中国共産党政権は台湾を統治したことはない」と強調した。また中国とロシアは近年、ルールに基づく国際秩序を破壊し、国際社会の不安定と動乱の根源になっていると批判した。

その上で台湾の人々と政府は一致団結して国家の主権を固守し、共産主義の中国によるさまざまな圧力や威嚇に対抗すると意欲を示し、台湾海峡の平和と安全を守るため、引き続き民主主義陣営の国と協力を強化して権威主義の拡張を抑制し、自由で開かれたインド太平洋地域と世界の安定と平和を維持するとした。

(張璦/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.201