アプリで読む
ダウンロード

【台湾あれこれ】新北市、今年の飲酒運転検挙件数1713件 違反者の3割は41~50歳

2024/06/18 18:22
飲酒検問の様子=中央社資料写真
飲酒検問の様子=中央社資料写真

北部・新北市政府警察局交通大隊は18日、今年1月1日から6月15日までの飲酒運転の検挙件数が1713件だったと発表した。検挙された人の年齢層で最も多かったのは41~50歳で3割近くに達していたとしている。

違反が多かった時間帯は午後3時~同7時と同9時~午前1時で、交通大隊は引き続き取り締まりを強化する方針。

飲酒運転に関する罰則は昨年厳格化され、飲酒運転をした場合、車両のナンバープレートが2年間取り消されるようになった。交通大隊は、昨年より検挙数は減少傾向にあり、抑止効果があったとしている。

(楊侃儒/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.66