アプリで読む
ダウンロード

台湾東部地震/観光署トップ、台湾は「安心して来られる環境」 日本各界からの関心に感謝

2024/04/05 16:27
観光署の周永暉署長(左から2人目)
観光署の周永暉署長(左から2人目)

(台北中央社)交通部(交通省)観光署(観光庁)の周永暉(しゅうえいき)署長は4日、報道資料を通じ、東部海域を震源とするマグニチュード7.2(中央気象署発表)の地震について、政府は地震被害を最小限に抑えるべく活動を続けているとした上で「安心して台湾にお越しいただける環境」だと強調した。各界からの気遣いなどに対しては、感謝の言葉を述べた。

周氏は、政府が地震発生後、直ちに災害対策本部を設置し、被災状況の把握と救助・復旧作業を進めたと説明。国内の主要空港、港湾、鉄道、高速鉄道などはすでに平常通りだとし、外国人観光客が多く訪れる観光地や観光施設は被害がなく、安全だとの報告が届いているとした。

また「日本は私たちにとって大切な友」だとし、日本からの支援や力添えに対して感謝の意を示した。

(編集:齊藤啓介)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.107