台湾・台中市、バス3路線をリニューアル 観光客が利用しやすく

2022/10/26 18:20:02
台湾・台中市、バス3路線をリニューアル 観光客が利用しやすく=同市政府提供
台湾・台中市、バス3路線をリニューアル 観光客が利用しやすく=同市政府提供

(台中中央社)中部・台中市内を走る路線バスのうち3路線がリニューアルされ、「観光公車」として観光客が利用しやすい路線に生まれ変わった。令狐栄達(れいこえいたつ)副市長は25日に行われた関連式典で、親切で便利な旅行を提供するとアピールした。

路線は「151阿罩霧線」、「153谷関線」、「309高美線」。いずれも台湾鉄路管理局(台鉄)や台中メトロ(MRT)などの鉄道駅や郊外の観光地を経由する。令狐氏は路線ごとにカラーリングが施されたことに触れ、識別しやすく、乗り間違える恐れがないと利便性を強調した。

観光公車の運行開始に合わせ、路線や観光情報を紹介するパンフレットが作成された他、運行状況やバスの位置が分かるウェブサイトもオープン。各路線共通の外観デザインやブランドロゴマークも制定された。市観光旅遊局の韓育琪局長は、バスを通じて都市の隅々にある魅力がつながってほしいと期待を寄せた。

(郝雪卿/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。