桃園空港、公共スペースでの飲食禁止に 感染リスク低減目指す/台湾

2021/06/09 18:40

台湾桃園国際空港(桃園市)の運営会社は9日、新型コロナウイルスの感染リスク低減を目指し、空港ターミナル内の公共スペースでの飲食を全面的に禁止すると発表した。旅客も空港職員も水分補給を除き、マスクの常時着用が必要となる。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。