アプリで読む
ダウンロード

マスクをした貨物機、桃園空港に出現 台湾の整備会社が塗装に協力

2020/08/27 12:32

桃園国際空港に26日、マスクを着用したような外観の航空機が姿を見せた。これはルクセンブルクに本部を置く貨物航空会社、カーゴルックス航空の貨物機。エバーグリーングループの機体整備会社、長栄航太科技が協力し、塗装を完成させた。機首に水色のマスクを模した塗装が施されたほか、機体の側面には「NOT WITHOUT MY MASK」(マスクなしじゃいや)の文字が描かれた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.225