アプリで読む
ダウンロード

日本時代建設の施設が「鉄道部パーク」に 7日から一般公開 文化財を伝承/台湾

2020/07/06 17:47

日本統治時代に台湾総督府鉄道部の施設として台北に建設された建築物を整備した国立台湾博物館鉄道部パーク(園区)が長年の修復を終え、7日に一般公開される。6日の開幕式典に出席した蔡英文(さいえいぶん)総統はあいさつで、同パークは台湾の近代史の起点であり、建築物の修復によって有形文化財を保存するとともに、工芸技術など無形文化財も伝承していると言及。新型コロナウイルス対策の新生活が始まる中、消費活動や国内旅行を楽しむ際に、「台湾の豊かな文化財に触れることも忘れないで」と来訪を呼び掛けた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.223