アプリで読む
ダウンロード

桃園空港、施設の向上や工事加速に注力 新型コロナの危機をチャンスに/台湾

2020/06/08 15:10

新型コロナウイルスの水際対策として実施されている出入境制限によって利用者が大幅に減少する中、桃園国際空港の運営会社は施設の向上や建設工事に力を入れている。投入される費用は約11億2000万台湾元(約41億2000万円)余り。コロナ危機を逆手に取り、より良いサービスが提供できるよう整備することで、感染が落ち着いた後の利用者増加に備える。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.107