アプリで読む
ダウンロード

阿里山鉄道の蒸気機関車、44年ぶりに“古巣”に 修復に着手/台湾

2019/07/23 19:09

かつて阿里山鉄道を走っていた蒸気機関車「SL-21」が23日、修復のため、これまでの展示場所だった南部・嘉義市の嘉義公園から同市の阿里山林業鉄路嘉義車庫に運び込まれた。1975年に同公園に設置されて以来、44年ぶりに“古巣”に戻った。修復後は動態保存される予定。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.61