アプリで読む
ダウンロード

台湾東部地震/台湾東部地震 製糖工場の煙突が崩落 日本時代に建設 けが人なし

2024/04/03 15:33
地震で崩落した虎尾製糖工場の煙突(読者提供)
地震で崩落した虎尾製糖工場の煙突(読者提供)

(雲林中央社)3日午前7時58分ごろに起きた東部海域を震源とするマグニチュード(M)7.2の地震で、震度4を観測した中部・雲林県では、日本統治時代に建設され、第2次世界大戦時の空襲にも耐えたとされる台湾糖業(台糖)虎尾製糖工場の煙突が崩落した。けが人はいなかった。

同工場を運営する台糖雲嘉区処の蘇建元処長は中央社の取材に、煙突は高さが約45メートルあり、1908(明治41)年に供用が開始され、2001年に運用が停止されたと説明。地震によって煙突の上部約15メートルが折れて落下したと語った。

雲林県政府文化観光処は煙突について、文化資産として登録はされていないものの、同工場のランドマークだとし、今後台糖側と修復に関して話し合う方針を示した。

(姜宜菁/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.106