故宮南院、2号館が起工 27年末にプレ開業 「台湾ソフトパワー示す基地に」

2022/09/23 13:46
故宮南院、2号館が起工 27年末にプレ開業 「台湾ソフトパワー示す基地に」
故宮南院、2号館が起工 27年末にプレ開業 「台湾ソフトパワー示す基地に」

(嘉義中央社)南部・嘉義県の故宮博物院南部院区(南院)で22日、2号館の新築工事が起工した。2027年末にプレオープンする予定で、起工式に出席した呉密察院長は、世界に向けて台湾のソフトパワーを示す重要な基地になると期待を示した。

南院によると、建物デザインは故宮が収蔵する青銅器をイメージ。宝石箱や水墨画、山水画などのコンセプトで、既存の1号館や人造湖周辺の風景との融合を図るという。天井までの高さが7メートルある大型展示ホールも造られる。工事にかかる費用は31億9394万台湾元(約143億3000万円)。

呉氏は、南院の参観者は現在、1号館まで長い通路を歩かなければならず、「太陽を背負ってやっと入場できる」と指摘。2号館の完成後には「南院に到着したら、すぐに室内に入れるようになる」と利便性を強調した。また文物の収蔵や修復空間については開放的な設計とし、一般人も見ることができると語った。

翁章梁(おうしょうりょう)嘉義県長は、「2号館の起工は嘉義の人々にとって非常にうれしいこと。嘉義を世界につなげ、世界に嘉義を見てもらいたい」と述べた。

(蔡智明/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
故宮南院2号館の模型
故宮南院2号館の模型
影片來源:CNA-中部地方組
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。