津波、台湾は「兆候確認されず」=中央気象局 トンガ噴火

2022/01/16 12:44
中央気象局が台湾各地で観測した気圧変化を示すグラフ=鄭明典局長のフェイスブックページより
中央気象局が台湾各地で観測した気圧変化を示すグラフ=鄭明典局長のフェイスブックページより

(台北中央社)南太平洋・トンガ沖で発生した海底火山の大規模な噴火で、日本の気象庁は15日深夜(台湾時間)、日本列島の太平洋側広域に津波注意報を発令した。中央気象局は16日未明、津波情報を出し、台湾沿海では津波の顕著な兆候は確認されていないと説明。今後も観察を続けていくとした。

気象局の鄭明典(ていめいてん)局長はフェイスブックで、北部・台北や東部・花蓮、台東では15日、気圧変化が観測されたと紹介し、トンガの噴火の衝撃波だとした。コメント欄に寄せられた「台湾に津波は来るか」との質問に対しては、「予兆はほぼない」と答えた。

(張雄風/編集:楊千慧)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。