ビオンテック製ワクチン第13陣が到着 約94万回分/台湾

2021/11/25 17:56
ビオンテック製ワクチン第13陣が台湾に到着 約94万回分=資料写真
ビオンテック製ワクチン第13陣が台湾に到着 約94万回分=資料写真

(桃園空港中央社)独ビオンテック製の新型コロナウイルスワクチン約93万8300回分が25日午前、桃園国際空港に到着した。台湾の民間企業や団体が購入した分の第13陣。中央感染症指揮センターが同日発表した。

届いたのは、台湾積体電路製造(TSMC)や鴻海(ホンハイ)精密工業、鴻海創業者、郭台銘(テリー・ゴウ)氏が設立した慈善団体「永齢基金会」、仏教系慈善団体「慈済基金会」の4つの企業・団体がそれぞれ購入し、政府に寄贈したもの。到着数は今回の分を含め、約1047万4400回分に上る。

4つの企業・団体は合計で1500万回分を購入した。

(編集:羅友辰)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。