エバー航空、シカゴ線を運休 相次ぐ操縦士の新型コロナ感染で/台湾

2021/09/04 14:46

エバー(長栄)航空は4日、台北-シカゴ線に乗務していた操縦士3人が新型コロナウイルスに感染したのを受け、同路線を一時運休したと発表した。再開の見込みは立っていない。また、感染が確認された1人は検疫規定に違反していたとして、解雇する方針を固めた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。