日本人女性、日本兵の遺骨を発掘調査へ 屏東県政府と視察/台湾

2020/10/09 17:37

第2次世界大戦中、台湾南部の恆春半島には台湾の南のバシー海峡で命を落とした日本人の遺体が多く流れ着いた。日本兵の遺骨調査を行う郷土史研究者の舘量子さんは、戦没者の遺骨が埋葬されていることを確認した屏東県恆春鎮の海岸で発掘調査を実施しようと動き出している。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。