国慶節のプロジェクションマッピング点灯 李登輝氏の名言も投影

2020/10/07 13:57

中華民国の建国記念日「双十国慶節」(10月10日)を祝うプロジェクションマッピングの点灯式が6日夜、台北市の総統府で行われた。今年は総統府を灯台に見立て、台湾が困難の中でも民主主義の明かりに導かれて前進する姿を描く。終盤では、故・李登輝元総統が信念とし、自ら筆を執った「民之所欲、長在我心」(民の欲するところ、常にわが心に)の8文字が、本人の音声とともに投影される。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。