屏東産バナナ、今年は2千トンが日本へ 県が支援、最新技術も導入/台湾

2020/07/08 14:38

台湾最大のバナナの産地である南部・屏東県は、県産バナナを再び日本市場に返り咲かせるプロジェクトを推進している。近年はバナナ農家の方向転換を支援するなどして輸出量を伸ばし、今年は昨年の約2倍となる2000トンに達する見通し。潘孟安県長は、時代の進歩とともに農業も変わるとし、生産過程のスマート化にも意欲を示している。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。