台湾ダイソーの元課長に猶予付き有罪判決 輸入書類改ざんで 台北地裁

2020/02/18 16:15

100円ショップ「ダイソー」を台湾で展開する台湾大創百貨の輸入停止期間中に申請書類の日付を改ざんして輸入を行っていたとして、文書偽造罪に問われた同社の元課長の男に対し、台湾台北地方法院(地裁)は17日、懲役5月(罰金支払いによる代替も可能)、執行猶予2年の判決を言い渡した。元課長は公判で起訴内容を認めた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。