アプリで読む
ダウンロード

台湾独立派、歴史教科書の内容に懸念 「統一戦線の口実になる」

2019/11/07 16:59

台湾独立派の活動家らは6日、陳情のため台北の教育部(教育省)を訪れ、新学習指導要領に沿って編纂された高校の歴史教科書について、「カイロ宣言で台湾が中華民国に返還された」との内容は中国共産党が台湾に対して統一戦線を実行する口実になるとして懸念を示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.104