修復進む日本統治時代の議会庁舎、約50年ぶりに本来の姿現す/台湾

2019/07/02 16:50

日本統治時代に議会庁舎として建設された南部・台南市の「旧台南州会」では昨年から修復・再活用のための工事が続けられている。このほど、建物を覆っていた増築部分が取り払われ、屋根に丸窓が取り付けられた本来の姿が約50年ぶりに現れた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。