日本食品禁輸継続、国民投票成立 野嶋剛さん、日台関係への影響懸念/台湾

2018/11/28 14:38

日本と台湾で活動するジャーナリストの野嶋剛さんが27日、台北市内で講演を行い、台湾で24日に実施された統一地方選や国民投票の結果が日台関係に及ぼすと思われる影響について語った。国民投票では福島など日本5県産食品の禁輸継続の賛否を問う案件が賛成多数で成立となった。野嶋さんは、この結果を受け「日台関係は停滞する」との見方を示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。