はしか感染広がる タイガーエア台湾乗務員2人も/台湾

2018/04/05 12:40

衛生福利部(衛生省)疾病管制署は4日、タイガーエア台湾(台湾虎航)の20代の女性客室乗務員(CA)が麻疹(はしか)に感染したと発表した。今年に入ってから台湾で確認されたはしか患者数は6人になった。女性CAは周囲に感染させる期間に大阪、成田、マカオ線の計6便に乗務しており、同署は感染者と接触した可能性のある人に対し、接触後18日間の自主的な健康観察を求めている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。