石垣島から台湾に漂着のカメラ、持ち主が見つかる

2018/03/29 02:10

台湾東部・宜蘭県蘇澳にある岳明小学校の児童が27日、近くの海岸で見つけた、石垣島(沖縄県)あたりから流れてきたとみられるデジタルカメラの持ち主が見つかった。カメラの持ち主を探す投稿を同日にフェイスブックに載せた同小の教諭、李公元さんが28日明らかにした。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。