台湾大教授に不正論文疑惑…最高学府に衝撃

2016/11/21 14:41

台湾の最高学府、台湾大学の教授が執筆した論文に不正疑惑が持ち上がった。同氏の過去の論文には一部で共同研究者として同大の楊ハン池学長の名も連ねており、これまでにも不正がなかったどうか調査が進められている。(ハン=さんずいに半)


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。