伊東豊雄氏設計の歌劇院こけら落とし/台湾・台中

2016/10/01 15:41

ロイター通信が選ぶ世界九大新ランドマーク建築の一つ、台中国家歌劇院(台中市)が9月30日、約1カ月間のプレオープン期間を経て正式に開館した。こけら落としとしてワグナーの楽劇「ラインの黄金」が上演された。国レベルの芸術施設が設置されるのは国家両庁院(1987年落成)以来約30年ぶり。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。