ストーカー規制法案可決 懲役最大5年、予防拘禁可能に/台湾

2021/11/21 18:04

ストーカー行為を予防、規制する法案が19日、立法院院会(国会本会議)で可決された。付きまといやインターネット上での嫌がらせなどで相手の日常生活に影響を及ぼす行為を対象とし、違反者には最大5年の懲役が科される。裁判所が事態の重大さを認めた場合、予防拘禁も可能になる。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。