アプリで読む
ダウンロード

台湾初の国産潜水艦「海鯤」、船体が全てあらわに

2024/02/27 17:14
港での検収試験の最終段階に入っている台湾初の国産潜水艦「海鯤」
港での検収試験の最終段階に入っている台湾初の国産潜水艦「海鯤」

(台北中央社)台湾初の国産潜水艦「海鯤」は港での検収試験の最終段階に入っており、造船所を出た船体が27日、台湾造船(高雄市)の乾ドックに移された。移動作業は目隠しなどがないまま行われ、海底地形探知などに使われる艦首上方の高周波ソナーや側面アレイソナー、魚雷発射管、排水口など、昨年9月の命名・進水式では覆い隠されていた各種装備があらわになった。

建造は2020年11月に開始された。全長約70メートル。建造費は約493億台湾元(約2280億円)に上る。海軍への引き渡しは2024年末以前を目指している。

(游凱翔/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
影片來源:中央社攝影看世界
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.104