台湾、電気料金値上げ 主に大口顧客が対象 一般家庭向けは据え置き

2022/06/28 13:11
台湾、電気料金値上げ 主に大口顧客が対象 一般家庭向けは据え置き
台湾、電気料金値上げ 主に大口顧客が対象 一般家庭向けは据え置き

(台北中央社)経済部(経済省)電気料金審議会は27日、7月1日から電気料金を平均8.4%引き上げると決定した。主に大口顧客を値上げの対象とし、新型コロナウイルスで打撃を受けた内需産業や小規模商店、1カ月の電気使用量が1000キロワット時以下の家庭向けには料金を据え置く。約97%の利用者が影響を受けないとしている。

高圧供給や特別高圧供給の法人顧客向けには1キロワット時当たりの料金を15%値上げする。一方、コロナの影響を受けた農水産業や食品、百貨店、飲食、映画館、フィットネスクラブの6つの産業の高圧需要家は値上げの対象から除外する。

家庭向けでは、電気使用量が1001キロワット時以上の場合、1000キロワット時を超えた部分に限って9%値上げする。

経済部の林全能(りんぜんのう)次長は、物価への影響は限定的だと説明。行政院(内閣)主計総処の推計によると、消費者物価指数への影響は0.043ポイント増にとどまる見通しだという。

燃料価格高騰を受け、台湾電力の今年1~5月の累積赤字は600億台湾元(約2730億円)を超える見通し。同社によると、今回の値上げによって燃料コスト上昇圧力は年末までに290億元(約1320億円)減らせる見込みだが、今年の累積赤字が1000億元(約4500億円)に達する可能性は依然として高いとしている。

(曽智怡、鄭鴻達/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。